まえがき

マルクス経済学入門

第一章 価値・剰余価値
 (1) 社会的剰余生産物
 (2) 商品・使用価値・交換価値
 (3) 疎外についてのマルクス理論
 (4) 価値法則
 (5) 商品の交換価値の決定
 (6) 社会的必要労働とは何か?
 (7) 剰余価値の起源と本質
 (8) 労働価値説の有効性

第二章 資本と資本主義
 (1) 前資本主義社会における資本
 (2) 資本主義的生産様式の起源
 (3) 近代プロレタリアートの定義
 (4) 資本主義経済のメカニズム
 (5) 資本の有機的構成の高度化
 (6) 競争は集中と独占をもたらす
 (7) 平均利潤率の低下傾向
 (8) 資本主義体制の根本的矛盾と
   周期的過剰生産恐慌

第三章 新資本主義
 (1) 新資本主義の起源
 (2) 永続的技術革命
 (3) 軍事費の重要性
 (4) 景気後退と恐慌
 (5) 永続的インフレ傾向
 (6) 「経済の計画化」
 (7) 国家による利潤の保障

(付)
新資本主義とそのかげり

あとがき……(山岡 啓)